デリケートなVIOゾーンは痛みも強く出やすい部位!

サロンで行う脱毛といえば、気になるのはその痛みのレベルですよね。特にVIO部分は女性のデリケートな場所。粘膜に近く、皮膚も柔らかいVIO部分は、痛みも他の場所よりも強く出がちな部分でもあります。美しさのために、とはいってもあまりの激痛には耐えられないかも…そんな不安を抱えている方に、VIO部分の脱毛による痛みを和らげるためのポイントをいくつかご紹介します。VIOゾーンも皮膚の一部であることには変わりないので、ケアや処理をしっかり行っておけば、少しでも痛みを和らげることができるでしょう。

乾燥肌は痛みを助長させる!

一般的に、乾燥して傷んだ肌は、しっかりケアされた健康な肌よりも痛みを強く感じやすい傾向にあります。下着の中で蒸れたりこすれやすいVIO部分は皮膚が傷んでいることがあるので、施術を行う前には保湿クリームやジェルなどで丁寧にケアしておきましょう。肌を保湿し角質を柔らかく、健康的な状態にしておくことで痛みを軽減することができるでしょう。ただし、VIOは粘膜などデリケートな部分に近いので、保湿グッズを利用するときは刺激のない、身体に安全なものをお使いください。

生理中はもちろん、生理前後は施術を避けよう

基本的に、整理中にはVIO部分の脱毛の施術を受けることはできません。しかし、油断しがちなのは生理前や生理が終わった直後です。生理前後はまだデリケートゾーンが敏感で、少しの刺激でも痛みを強く感じたり、ダメージを受けたりする場合があります。生理中は施術が受けられない!と焦って直前に飛び込み予約をしたり、終わったからといってすぐに施術を受けることは痛みはもちろん、身体への影響から考えてもあまりお勧めできません。VIO部分の脱毛は、生理が終わって1週間後からの、一番生理から遠い周期で行うようにしましょう。

VIOライン脱毛の効果の良しあしは、それぞれの患者の毛周期やホルモンバランス、ムダ毛の状態などに左右されます。