しみができる原因を知ろう

年齢と気になってくるのがしみですよね。しみが目立つと、年齢を感じさせてしまい、隠そうとファンデーションが厚塗りになってしまう人も多いしょう。そんなしみは、毎日の肌のお手入れによって薄くすることができるのですよ。まずは、どうしてしみができてしまうか、知る事が大切です。しみの大きな原因は紫外線です。紫外線を浴びると、肌を守ろうとメラニン色素が分泌されます。新陳代謝が活発であれば、メラニン色素ができても排出されていきますが、代謝が衰えてしまうと、肌に沈着してしみになってしまうのです。

しみ予防は紫外線を浴びないこと

しみは紫外線と代謝の衰えが大きな原因となっているため、まずは紫外線を予防する事が大切です。現代では紫外線が強くなっていると言われているので、曇りの日や夏以外でも、日焼け止めを使うことが予防につながるのです。休日はメイクしたくない、という方でも日焼け止めだけではつける習慣をつけましょう。また、外に出る時は帽子や日傘、また地面からの照り返し予防に、スカーフやサングラスなども利用すると良いですよね。完全にシャットアウトは難しいですが、できるだけ浴びない事が大切なのです。

できたしみにはこれが効果的!

では、できてしまったしみはどうすればいいのか、と思ってしまいますよね。色素沈着した、メラニン色素を排出させてくれる成分を取り入れる事が必要となります。その効果が高いと言われているのが、ビタミンC、ハイドロキノン、トラネキサム酸などがあります。これらの成分が配合されている化粧品や、ビタミンCであれば、食べ物やサプリメントからも摂取できますよね。朝晩にこれらの成分が配合されている化粧品でスキンケアし、また紫外線を浴びないようにUVケアすることによって、美白を保つ事ができるのです。

しみの治療に興味がある時は、施術の内容を調べましょう。レーザー治療やヒアルロン酸注射など、さまざまな治療法が見受けられます。