歯を磨く際には一本一本磨く

歯を磨くときにはただ闇雲に歯ブラシを当てるのではなく、一本一本丁寧に磨きあげていくことを考えましょう。全体的に適当に歯ブラシを当てていると、磨き残しが生じてしまったり、食べかすが歯の間に挟まったままになり、そこから虫歯を引き起こすこともあります。様々な方向からアプローチを行って、歯磨きをする際には、すべての歯に磨き残しがないように、一本ずつ磨いていくことにしましょう。そうすることで歯の健康が維持できます。

磨く時の力加減も大切

歯を磨くときには力いっぱいこする必要はありません。手の力を抜いた状態で手首をリラックスさせて歯ブラシを優しく動かすことで、細かい部分についた歯垢なども除去できます。歯垢を毎日すべて落としていけば、歯石などが出来る心配もありませんから、歯の定期検診に行っても歯石除去の必要がなくなります。歯磨きを正しく行うコツとしては一本一本の歯を適切な力を使って磨いていくことがコツとなりますから、ぜひ試してみましょう。

グッズを使うのも便利

歯ブラシ一本で歯のケアを行うのも良いですが、余裕があるのならばグッズを使って歯を磨くのも便利です。電動ブラシや歯間ブラシなどを取り入れてケアをしていけば、手で磨くだけでは落とせなかった部分の歯垢などを綺麗に除去できることでしょう。またデンタルフロスなども使って定期的に歯と歯の間の汚れを取っていけば、口臭の原因となる歯垢についても落とすことができますから、このような便利な道具を活用していくことにしましょう。

根管治療とは、細菌に感染した部分の神経・歯質を、リーマーやファイルを使用して除去することで歯の病気を予防する治療です。